動画配信サービスの特徴
アニメとドラマを楽しんでいる人程、悩みの種になるのが放送局の問題です。好きな作品のアニメやドラマ化が決まったとしても東京や大阪等の一部の首都圏のTV局でしか放送されないと判明した時は落胆した経験も多いでしょう。

特に地方民に取っては死活問題で、遅れでも放送開始してくれた御の字な程には地域格差はありました。

その場合は映像ソフト発売もしくはレンタルまで待つ必要がありました。しかし、動画配信サービスが主流になってきた現代では放送局数の格差も徐々に減りつつあります。

最新話なら無料でも見れる動画配信サービスは多い

アニメやドラマに関しては、最新話に限り1週間無料で配信されている番組も多いです。

ParaviやTVer等の動画配信サービスや放送局が運営している動画配信サービス(FODやネットもテレ東等)、更にはYOUTUBEやニコニコ動画等で公式チャンネルを開設して配信と視聴に関してはハードルはとても低いです。

少なくともTVでの視聴に拘りが無ければいつ地元で放送開始されるか分からないTV放送を待つよりもこちらのが確実に見る事が出来ます。

動画配信サービス限定の回や特典もある場合もある

アニメやドラマを目当てに動画配信サービスへ加入する人が多いのはサービス元も把握しており、こちらにしかない特典を用意しています。

例えば血飛沫や人体の断面図等地上波だと規制で黒く塗られたり光を入れられてしまう様な作品でも、動画配信版だと弱くなっていたり、そもそも無くなっている場合もあります。

また、スピンオフ作品も独占配信したり、地上波にはない追加要素(次回予告の追加等)も用意しており、テレビで見る事が出来る人にとっても動画配信サービスを利用するメリットのある物を用意しています。

BSやCS加入に比べると料金は安い方

アニメやドラマ、特にアニメはBSやCS放送にも力を入れているので最低でもBSさえ映ればテレビでも視聴は出来ますが、BSで見る為にはパラボラアンテナの購入や工事、CSの場合だとチャンネルの加入手続き及び毎月のチャンネル視聴代も追加されるので結構な出費になります。

一方で、動画配信サービスの場合だと無料で利用できるサービスも多く、月額制の物でも400~500円程度から始められる物もあるのでBSやCSに比べると遥かにリーズナブルです。

【関連】おすすめの動画配信サービス比較

天候に左右されにくい側面もある

地上波及びBS、CSだとTVでの視聴は天候にされやすい面もあります。

台風や大雨、大雪による天候への影響で上手く受信出来ないリスクもあり、仮に受信は出来ても音声と映像が乱れていたりする事は珍しくありません。

動画配信サービスだと、回線接続さえ確保していれば天候への影響は殆ど無いのでスムーズかつ綺麗に見る事が出来ます。

更に、動画配信サービスだと視聴期間内なら何度でも見返せるので、TVで万が一視聴や録画に失敗してもこちらで補うと言った使い方も出来ます。

動画配信サービスは持っていれば便利なので加入しておいて損はない

動画配信サービスは今では番組視聴の手段として欠かせない存在です。TVじゃ無ければ嫌だと言う人で無ければ積極的に使っていた方が良いでしょう。

少なくとも自分の見たい番組を確実に視聴できる可能性が高いのは今だとTVよりも動画配信サービスです。

今後新作アニメやドラマが放送決定の時は動画配信サービスでも配信されるかをチェックするのがオススメです。